世の中の価格設定について思うこと。ポッキリ価格が、僕は好き

世の中の価格設定について思うこと。ポッキリ価格が、僕は好き

考えごと

 

小さな市場で買い物していたら、

100円で売られているおはぎを見つけた。

image

 

お腹が空いていたから、買おうか真剣に悩んだ。(買わなかったけどね。)

ぼくは、こういうときに無駄金はほとんど使わないのに。

 

 

自分は100円の商品が好きだ。

99円よりも、100円が好き。

 

[s_ad]

 

【自分が100円の商品に手が出しやすい理由】

  • 0という数字の「安い感」
  • お釣りを受け取るという「手間」
  • ワンコインという「イメージしやすさ」
  • 売り手の潔さが感じられる

 

特に、4つ目の「潔さ」が大きいと思っている。

 

 

価格設定の有名な方法の一つに「端数価格」がある。

消費者に値引きを印象づけるための価格。たとえば、『1980円』。端数をつけられた価格だ。

 

 

もちろん、端数価格を否定するつもりはない。

でも大事なのは、『何も考えずに端数価格にしないこと』だと思う。

 

 

ここで考えた仮説が、

コミュニケーション主体の場では、端数価格はむしろ逆効果である

というもの。

 

 

【人との距離が近く、人間味がある取引】

といったほうがいいかもしれない。

 

 

例えば、古くからある市場とか、コンサル。営業、医者の治療とか。

 

 

このようなところで、

 

しょーもない値引きされて、小手先のテクニック使われたくないというか。

「●円引いとけばお前、安く感じるんでしょ?」みたいな目線で値引きされたくないというか。

(まあ、お金が少し安くなるのは、どう考えてもこっちにとっては得なんだけどね。笑)

image

 

「ポッキリ価格」のほうがさっぱりしてて、ぼくは好きです。