当たり前だけど、『バネがはねる音』って面白い。Apple社の『Boing』のセンス。

当たり前だけど、『バネがはねる音』って面白い。Apple社の『Boing』のセンス。

考えごと

どんな場面でも、

どんなときでも、

意識を持っていかれる、この音。

そう、バネの音である。


 

どう聞いても、滑稽にしか聞こえない。

 

なんか、面白い。何が面白いというわけではないけれど、笑ってしまう。

それは、本能的なところからくる、じわじわとした笑いだ。

 

すごくじわじわくるものだから、

何かの事件現場だったり、悲しい別れ話だったり、深刻な家族についての話だったり、

シリアスな場面では絶対に流れてほしくない音だ。

ともかく、

  • Appleがこのようにデフォルトの音源として用意している
  • 英語圏には”Boing”という擬態語がある

以上、これが滑稽だという感覚は日本人だけではないらしい。

(この音がシュールだと思う感覚は、万国共通なのかという調査を今度やってみたい。)

 

 

Appleに何の意図があってこの音を入れたかはわからない。

でも、『普通の着信音』として入れたわけではないと考える。

なぜならば、英語版iOSの表記が”Boing”だからだ。

 

(着信音や通知音の選択肢の一つとして提供するのであれば、“Spring”(バネ)と命名するだろう。)

だから多分これは、Appleの遊び心ってやつなんじゃないかな、と勝手に想像している。

 

 

 

こういう『遊び心』を入れられる企業は、本当に良いモノ・サービスを作っているように感じる。

 

Appleで言うと、Siri。

彼女がユニークなのは有名な話だ。

ボイパとか、早口言葉とか、Microsoftについて聞いてみると分かる。

 

Googleだと、

エイプリルフールのポケモンコラボとか、インベーダーゲームとのコラボ企画が思い出される。

また、検索窓に「一回転」とか、「solitaire」と入れて検索すると、Google社の遊び心が垣間見られる。

任天堂だと、

ゲームキューブのメニュー画面でファミコンのディスクシステムの件が見つかった件とか、

WiiからWiiUへの引っ越しムービーとか。

 

でも、本業がきちんとしてないと駄目。

本業が一流だからこそ、この【冗談】は美しい。