<時事ネタ>

チョコレートをくれる蕎麦屋。『気持ちのこもったプレゼント』。

 

2月14日。世間はバレンタインデー。

 

 

当初の予定が変わったりとか、なんだかんだ色々ありまして、(笑)

結局、『世界各地でカップルの愛の誓いの日』当日は、なんとおじいちゃんと一緒に蕎麦を食べに行くことになった。なんて日だ!

 

蕎屋 陽楽

 

ここで頼んだのがこのメニュー。

 

 

『天ざる蕎麦』。

おじいちゃんと食べるときはいつも贅沢しちゃう。

手打ちの蕎麦は不揃いなところが逆に良くて、

天ぷらの揚げ方も絶妙で、とても美味しかったです。

 

ごちそうさまでした!!

 

 

いや、この場で言いたいことはそれじゃない。

 

 

さっきの写真にも写っているんだけど、お盆の上に、見慣れない「ほんの気持ちです」の文字が書かれた小さな小袋があった。

 

 

よくこの店には行くのだけれど、こんな袋が乗っていたことは、今まで一度もなかった。

 

 

もうおわかりだろう。この日は2月14日

この中に入っていたのは、

 

 

そう、チョコレートだったのです。

 

 

思いがけない粋なプレゼントは、人生を豊かにする

 

このチョコレート、正直なところ、すごく嬉しかった

 

 

チョコレートそのものが美味しかったとか、デザートとして食べられるとか、そういう嬉しさも多少はあるけれど、それは一番の理由ではないのは当然のこと。

 

 

では、なぜこんなに嬉しかったのだろう。それを考える。

『お客さんの喜ぶ、プレゼント』とはなんだろう?

 

 

正直こんな小さいチョコレートなんて、費用は50円とか、そんなにかからないものだろう。

でもそれは値段の問題じゃなくて、気持ちの問題。

 

 

「お客さんを喜ばせようという気持ち」が無いと、「お客さんを喜ばせる行動を考えること」ができない。

もちろん、それを「実行に移す」こともできない。

 

 

お客さんを喜ばせる行動を考えるということは簡単ではない。

そこには飲食店ではシビアな「費用」の問題、そして「時間」を使う、考えるという「手間」がかかるという問題もあるわけだ。

その限りある「時間」と「お金」の制約から考えるという「手間」をかけ、「実行」に移した。

 

 

考えた結果の中から、「バレンタインに蕎麦にチョコを付ける」という行動を実行したのだ。

(誰でも分かるし、誰にとってもちょっぴり嬉しいモノ。お店の方は本当に絶妙なセンスをお持ちなのだと思う。)

 

 

【まとめ】

 

 

ぼくがこのチョコレートにちょっとした感動を覚えた理由は、お店のちょっとした「手間」を感じることができたからだった。

 

 

やっぱり、プレゼントってのは『金額』だけじゃない。

『与える人』そのものもそうだし、その人のかけた『手間』を感じることができること。

 

 

それが、受け手が感じる嬉しさに大きく関係するんだね。

 

 

【追記】

 

「ほんの気持ちです」のチョコレート、ググったら一瞬で出てきた。

その名も、「ほんの気持ちチョコレート」。

http://amzn.to/2BQkfL5

 

究極の義理チョコです(笑)あなたのセンスで使ってください。
ご購入後はあなたのセンスしだいです。

 

1個、衝撃の16円。

汚い言い方にはなるけど、この『サプライズプレゼント』は費用対効果もすごい。まさしく、WIN-WINだね。

関連記事

  1. <時事ネタ>

    王室のめでたいニュースが流れた時の、全員がハッピーになる感は異常。

    1週間くらい前(4月23日)、イギリス王室のウィリアム王子&キャサリン…

  2. <時事ネタ>

    本当に、『一般職』でいいのだろうか。

    今日3月1日は、日本経済団体連合会(経団連)が定めた、就職活動の解禁日…

  3. <時事ネタ>

    男だから振袖についてはよく分からないけど、HARENOHIについて。

    成人の日の8日、振り袖などの販売やレンタルを手がける「はれのひ」の店舗…

  4. <時事ネタ>

    さようなら、2017年。

    弱冠21歳・センダです。…

  5. <時事ネタ>

    星野仙一さんが逝って思うこと。

    最も偉大な「せんちゃん」が亡くなったというニュースが流れてきました。…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <そもそも>

    【そもそも】万引き、テンパる、トラウマの語源
  2. <考える>

    『どう生きるか』を、どう決めるか。
  3. <そもそも>

    【そもそも】110、119、0120
  4. <時事ネタ>

    チョコレートをくれる蕎麦屋。『気持ちのこもったプレゼント』。
  5. <時事ネタ>

    人生の節目『成人式』。不参加はもったいないと、陰キャが申し上げます。
PAGE TOP