<考える>

ロバートの『アスリートのためのCM講習会』が面白すぎ。

お笑い芸人のロバート。

最近、秋山竜次だけ『クリエイターズファイル』とかで売れているみたいなんだけど、ぼくはそれよりも『ロバート』全体が好き。

要は、山本、馬場、秋山の3人組が揃ったほうが好き。

『秋山だけが面白い』みたいなことを言われているけれど、
この意見には疑問を覚える。

『山本と馬場は両方地味だけど、
それを秋山が上手く引き出してるからロバートは面白い』
という意見も、なんか違う。

3人の強めのクセが上手いこと調和している。

という表現が、一番適切だと思う。

3人のコンビネーションが揃って、
初めて『ロバート』の味が出ていると思ってる。

彼らのコントは、実力のあるお笑い芸人ならではの

「真っ直ぐで、純粋な面白さ」がありつつも、

「シュール」な一面も持ち合わせている。

昔、テレ東系で放送していた『ポケモン☆サンデー』が大好きだったので、

ロバートのことはその当時から知っていた。

親からエンタの神様や笑いの金メダルを見ることを禁止にされ、

お笑い芸人に触れずに育ってきた。

そんな自分は、バラエティ番組としてポケモン☆サンデーをだけを見て育ってきたと言っても過言ではない。

とにかく、大ファンだ。

自分の笑いのツボは、ひょっとしたらロバートとTIMによって作られたのかもしれないね。

伝説の番組、ポケモン☆サンデー。
https://www.tv-tokyo.co.jp/contents/pokemon_sunday/index.html

前置きが長くなった。

今回紹介したいコントが、『アスリートのためのCM講習会』である。

(消えていたら『ロバート アスリート』でググってください。)

彼らのコントには

「ロバート3人のキャラを知ってこそ面白い」

っていうものも少なくない。

だけど、このネタは誰が見ても、純粋に面白いと思う。

なぜ面白いのか。

それはきっと、『世の中のタブーなっているみんなの共通認識を、面白おかしく掘り返せたから』である。

『アスリートの演技は棒読み』ということは、誰もが思っていて、胸のうちに秘めていたもの。

でも、意外と話題にされてこなかったのが事実。

それはなぜか。

CMに出てくるアスリートは、オリンピックでメダルを取るとか、その業界のスター選手ばかり。

そんな彼らをイジるという行為は、(一歩間違うと)失礼に直結してしまう『刃の剣』。

アスリートが不快に思ったら、スポンサーから文句が来るとか、番組出演NGになるとか、色々な問題が生じてしまうだろう。

キングコングの西野亮廣が「信頼関係のないイジりは、イジりではなくイジメである」って言ってたけど、まさしくそれも原因。

日頃、芸能人はテレビなどの撮影現場に、アスリートというのはスポーツの世界にいる。日頃過ごす環境が全く違い、芸能人とアスリートとの間には信頼関係が生まれづらい。

だから、イジりにくいというのもあるだろう。

でもロバートは、そんな業界のタブー、『アスリートの演技は棒読み』という皆の隠れた共通認識を「上手に」掘り返した。

棒読みをすることを「抜く」と言うことで。

「演技の棒読み感」を「アスリートらしさ」と例え、オブラートに包むことで。

アスリートが昔から棒読みだという事実は、
「先輩からのバトンが受け継がれている」という表現でイジる。

彼らの演技を、「下手」だとは決して言わない。直接的に、悪口は絶対に言わない。

このルールを守って、ギリギリのところで、絶妙なニュアンスで棒読みをイジっている。

そして、そこには何のイヤミもない、誰もが笑える純粋な笑いが起こっているのだ。

(もちろん、不快だと思う人も一部いるかもしれないが。)

秋山の勢い、山本のシュール感、馬場の持ち味も存分に発揮されている。

「エネルギーゴールド」「岡田屋の牛丼」のCM演技の、

何とも言えないチープ感もたまらない。

この「いくか、いかないか」という絶妙な線引き。

タブーをあえて踏みに行くスタイル。

ロバートの真骨頂が現れた、傑作コントだと思う。

関連記事

  1. <考える>

    行列に並ぶか、並ばないか。戦略的に混雑を避ける。

    『行列』---あるサービスの提供を受けるた…

  2. <時事ネタ>

    王室のめでたいニュースが流れた時の、全員がハッピーになる感は異常。

    1週間くらい前(4月23日)、イギリス王室のウィリアム王子&キャサリン…

  3. <当たり前>

    当たり前だけど、12月と3月って31日まであるよね。

    『すべての物事には始まりがあり、終わりがある。』…

  4. <考える>

    目下の人が使う、「了解です」問題。失礼だと受け取る必要はあるの?

    些細な事だけど、通説の『ビジネスマナー』において気…

  5. <考える>

    知らない間に、テレビが見られなくなっていた ——若者のテレビ離れの正体

    10月に映像製作に関わり始め、様々な映像や動画に触れるように…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <TED Talks>

    【TEDトーク】ケン・ロビンソン:学校教育は創造性を殺してしまっている
  2. <いろいろ>

    WordPressが難しすぎて禿げた話。サボテンが嫌いになりました。
  3. <TED Talks>

    【TEDトーク】デイビッド・ブレイン:17分間の息止め世界記録
  4. <当たり前>

    当たり前だけど、『ほたるのひかり』が流れると何かが終わるよね。
  5. <いろいろ>

    新しい就職支援サービス、『ジョーカツ』。上京したい地方学生は行くべし!
PAGE TOP