<考える>

ロバートの『アスリートのためのCM講習会』が面白すぎ。

お笑い芸人のロバート。

最近、秋山竜次だけ『クリエイターズファイル』とかで売れているみたいなんだけど、ぼくはそれよりも『ロバート』全体が好き。

要は、山本、馬場、秋山の3人組が揃ったほうが好き。

『秋山だけが面白い』みたいなことを言われているけれど、
この意見には疑問を覚える。

『山本と馬場は両方地味だけど、
それを秋山が上手く引き出してるからロバートは面白い』
という意見も、なんか違う。

3人の強めのクセが上手いこと調和している。

という表現が、一番適切だと思う。

3人のコンビネーションが揃って、
初めて『ロバート』の味が出ていると思ってる。

彼らのコントは、実力のあるお笑い芸人ならではの

「真っ直ぐで、純粋な面白さ」がありつつも、

「シュール」な一面も持ち合わせている。

昔、テレ東系で放送していた『ポケモン☆サンデー』が大好きだったので、

ロバートのことはその当時から知っていた。

親からエンタの神様や笑いの金メダルを見ることを禁止にされ、

お笑い芸人に触れずに育ってきた。

そんな自分は、バラエティ番組としてポケモン☆サンデーをだけを見て育ってきたと言っても過言ではない。

とにかく、大ファンだ。

自分の笑いのツボは、ひょっとしたらロバートとTIMによって作られたのかもしれないね。

伝説の番組、ポケモン☆サンデー。
https://www.tv-tokyo.co.jp/contents/pokemon_sunday/index.html

前置きが長くなった。

今回紹介したいコントが、『アスリートのためのCM講習会』である。

(消えていたら『ロバート アスリート』でググってください。)

彼らのコントには

「ロバート3人のキャラを知ってこそ面白い」

っていうものも少なくない。

だけど、このネタは誰が見ても、純粋に面白いと思う。

なぜ面白いのか。

それはきっと、『世の中のタブーなっているみんなの共通認識を、面白おかしく掘り返せたから』である。

『アスリートの演技は棒読み』ということは、誰もが思っていて、胸のうちに秘めていたもの。

でも、意外と話題にされてこなかったのが事実。

それはなぜか。

CMに出てくるアスリートは、オリンピックでメダルを取るとか、その業界のスター選手ばかり。

そんな彼らをイジるという行為は、(一歩間違うと)失礼に直結してしまう『刃の剣』。

アスリートが不快に思ったら、スポンサーから文句が来るとか、番組出演NGになるとか、色々な問題が生じてしまうだろう。

キングコングの西野亮廣が「信頼関係のないイジりは、イジりではなくイジメである」って言ってたけど、まさしくそれも原因。

日頃、芸能人はテレビなどの撮影現場に、アスリートというのはスポーツの世界にいる。日頃過ごす環境が全く違い、芸能人とアスリートとの間には信頼関係が生まれづらい。

だから、イジりにくいというのもあるだろう。

でもロバートは、そんな業界のタブー、『アスリートの演技は棒読み』という皆の隠れた共通認識を「上手に」掘り返した。

棒読みをすることを「抜く」と言うことで。

「演技の棒読み感」を「アスリートらしさ」と例え、オブラートに包むことで。

アスリートが昔から棒読みだという事実は、
「先輩からのバトンが受け継がれている」という表現でイジる。

彼らの演技を、「下手」だとは決して言わない。直接的に、悪口は絶対に言わない。

このルールを守って、ギリギリのところで、絶妙なニュアンスで棒読みをイジっている。

そして、そこには何のイヤミもない、誰もが笑える純粋な笑いが起こっているのだ。

(もちろん、不快だと思う人も一部いるかもしれないが。)

秋山の勢い、山本のシュール感、馬場の持ち味も存分に発揮されている。

「エネルギーゴールド」「岡田屋の牛丼」のCM演技の、

何とも言えないチープ感もたまらない。

この「いくか、いかないか」という絶妙な線引き。

タブーをあえて踏みに行くスタイル。

ロバートの真骨頂が現れた、傑作コントだと思う。

関連記事

  1. <考える>

    当たり前だけど、クリームがスカスカなチョココルネって嫌だよね。

    この間、ファミリーマートでチョココルネを買った。チョココルネっ…

  2. <当たり前>

    当たり前だけど、『ほたるのひかり』が流れると何かが終わるよね。

    ほたるのひかり まどのゆきふみよむつき日 かさねつ…

  3. <考える>

    『どう生きるか』を、どう決めるか。

    21歳と半年になったある日のこと。いつも通りぼんやりと道を歩い…

  4. <考える>

    逆に、デザインの『ダサさ』が目立つ時代になりました。

    こんな、とても共感できる記事を発見した。&…

  5. <そもそも>

    【そもそも】万引き、テンパる、トラウマの語源

    少しホコリがかかって埋まってしまった、自分の『そもそも』を共有します。…

  6. <考える>

    好きだったインディーズバンドが有名になるとなんか違うと感じる現象

    最近人と会っていく中で先日、「以前好きだったはあちゅう(ブロガー・…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <時事ネタ>

    人生の節目『成人式』。不参加はもったいないと、陰キャが申し上げます。
  2. <いろいろ>

    「奥が深いね」って言葉は、浅い。
  3. <時事ネタ>

    『きのこたけのこ総選挙』ってどうなの?【公式】は、非公式ネタを取り上げてはいけな…
  4. <考える>

    好きだったインディーズバンドが有名になるとなんか違うと感じる現象
  5. <いろいろ>

    ガタが来ているものを、改善するのは大事。WordPressのメンテナンス。
PAGE TOP