<考える>

逆に、デザインの『ダサさ』が目立つ時代になりました。

 

こんな、とても共感できる記事を発見した。

 

「ダサさ」を完全に払拭しないことの重要性 | Fashionsnap.com

 

3行でまとめると

北海道にあるAIRDOという会社のサービスから感じる、『いもくささ』が良い。

その土地の人たちの手でその土地の魅力をしっかりと込めたいもくささが『北海道らしさ』になっている。

消費者の目が鋭くなった今、『応援や投資をしてもらいたい』ときは、ダサさが意外と大事になってきている。

 

 

地方にキレイすぎるものが多くなるほど、現代のモノのデザインは洗練されてきている。

 

なぜ、デザインが洗練されてきているのか

大きくわけて2つあると考えた。

 

 

1,テクノロジーが進歩したから。

まず、テクノロジーの進歩によって無駄が削ぎ落とされる

たとえば、液晶画面の技術が確立されたから、ブラウン管という無駄が削ぎ落とされ、テレビは格好良くなった。

 

 

また、テクノロジーの進歩によってデザインをするツール自体が高機能になる

たとえば、WordやPowerPoint、Photoshopなど。どんどん、ソフトの使い勝手が良くなって、デザインする環境が整ってきている。

 

 

2,商品・サービスの進歩が頭打ちになり、競合の際にデザインで差別化するしかなくなってきたから。

資本主義経済が一息ついて、特にモノにおいて機能の差が少なくなってきた。

たとえば、テレビの差別化の手段として「白黒をカラーにする」「アナログを地デジにする」「ビデオ入力だけでなくHDMIに対応する」という機能の差別化があったが、今は頭打ちになった。だから、差別化において『デザイン』の重要度が増した。

 

 

このように色々なものが行き渡り、「これでいいや」と思うようになった現代だ。

逆に『ダサさ』に一種の価値が出てきているという意見はとても的を得ていると思う。ぼくも『ダサさ』は結構好きだ。

 

 

時代に逆行する、デザインの『ダサさ』の価値

 

 

ぼくがデザインの『ダサさ』の何に惹かれるというと、『気取ってない感』があるところ。

 

 

最近は胡散臭いビジネスが多くて、中身がスカスカのビジネスを躍起になって誤魔化そうとしているところが多い。「〇〇コンサルティング」とか、「アジェンダ」とか、「ユーザーインターフェース」って言葉を重ね合わせるビジネスマンの多いこと。

 

 

SNSを多用して、自分の近況や情報をシェア「しすぎる」のも最近多い。

やるかやらないかなんて個人の自由なのだけれど、そんな『主張』をしすぎることに疲れたし、見飽きた。だから、あまり美的なものではないと思ってきている。

長期的な視野で見れば、『レア度』を上げるほうがむしろ良い、そんな感じがする。

 

 

話が脱線したけれど、変に背伸びして良いように見せるより、ダサい『あるがまま』のほうが逆に好感度が持てる。そんな時代なのかもしれない。

 

 

ちなみに、圧倒的に好きな『ダサいデザイン』はこれ。

阿部 寛のホームページ より引用

https://www.youtube.com/watch?v=aFudtXfWW8w

関連記事

  1. <考える>

    Yahoo! JAPANの『Search for 3.11 検索は応援になる』はなぜ素晴らしいか

    -3.11企画- いま、わたしたちができること。ht…

  2. <考える>

    特に秀でた能力がない以上、自分なんて本当にちっぽけな存在である。

    人生の主人公は自分。これは紛れも無い事実だ。&nbsp…

  3. <考える>

    好きだったインディーズバンドが有名になるとなんか違うと感じる現象

    最近人と会っていく中で先日、「以前好きだったはあちゅう(ブロガー・…

  4. <考える>

    レトロブームは、技術の進歩の産物じゃないかという見解

    最近YouTubeを見ていたら、こんな広告が流れてきた。…

  5. <当たり前>

    当たり前だけど、写真って四角いよね。

    2年前くらいに私にとっての(ミラーレス)一眼レフカメラ初号機、…

  6. <そもそも>

    【そもそも】万引き、テンパる、トラウマの語源

    少しホコリがかかって埋まってしまった、自分の『そもそも』を共有します。…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <考える>

    年の瀬、師走
  2. <そもそも>

    【そもそも】110、119、0120
  3. <そもそも>

    【そもそも】一緒くたの「くた」、男女の髪の長さ、日の丸
  4. <いろいろ>

    ゲーム説明書の電子化から感じる、「何か」を失った感じ。
  5. <いろいろ>

    『傘のパクり合い』が、いちばん身近な『恩送り』の対義語なんじゃないか。
PAGE TOP