<当たり前>

当たり前だけど、姿勢の悪い人って格好悪いよね。

 

『人は見た目じゃない、中身だ!』

 

なんてことを、異性受けがいい人たちはよく口にする。

ここで起こる議論はともかく、彼らは、『人の価値は見た目で決まるものではない、大事なのは中身である』と主張している。

 

 

実際、たしかにそれも一理ある話だ。

いくら外見が良かったって、その中身が伴っていなければ、せっかくの外見は台無しである。

ぼくも、人の本質的な『格好良さ』は、大部分が間違いなくその人の中身によって形成されると思っている。

 

 

・・・なんてゴチャゴチャ言いつつも、どうやっても変えることができない真理が1つあると考えている。

それは、【結局、人の第一印象は『ビジュアル』で決まる。】ということだ。

 

 

例えば、入学式で知らない人に話しかける時。SNSで、「友達の友達」のページを見る時。テレビで、初めて見る芸能人を見た時。

こういう初めて人と関わる時に、その人の中身なんて分かりっこない。

分かるのは、紛れもなく視覚的な情報、すなわちビジュアルだ。

 

 

世の中には、このビジュアルから判断する『第一印象』が大事とされる。そして、それによってその後の人生が決まるものがたくさんある。

いわば第一印象は、相手に与える「先制パンチ」。

ここで相手に与える印象が変われば、人生は大きく変わると思ってる。

 

 

面接官ウケが良くなって、就職や転職が大成功するかも知れない。

取引先への印象が良くなり、仕事が絶好調になるかも知れない。

思わぬ異性との出会いが訪れ、幸せがやってくるかも知れない。

 

 

それくらい、ビジュアルから判断する第一印象ってのは大事だと思う。

 

 

 

では、その『ビジュアル』とはなんだろう。

ザックリと考えると、『顔』『身だしなみ』『態度』『姿勢』あたりが考えられる。

 

 

このうち、『身だしなみ』は多少良い服を買い、清潔感を保つことで改善する人が多い。

『態度』については、そこそこの意識を持ち、努力をすればほとんどの人が改善可能だ。

対して『顔』については、男性は大きく弄る事はできないけれど、女性はメイクという武器がある。

 

 

だけど、多くの人が「どうにかしたいが、どうしようもない」と思ってきた要素が、『姿勢』だと思う。

ネットを検索すると「姿勢矯正グッズ」や「姿勢を良くする方法」がたくさんヒットするにもかかわらず、長く続かないものばかり。

 

 

ぼくも、そんな猫背に悩む1人だった。

昔からインドアな人間で、子どもの頃からゲームやパソコンが大好き。

いい気になって変な体勢でゲームやパソコンをやりすぎた結果、猫背という『不治の病』を患ってしまった。

 

 

なにしろ猫背は単純に「ダサい」と思っていたし、鏡を見ても見るからに自身がなさ気に見えた。肩こりにも悩まされていた。

でも、直し方も全くわからなくて、半ば諦めていたそんなある日、知り合いに姿勢矯正の治療に誘われた。

一回1時間くらいのその治療を2回受けたら、驚くほど自然に、正しい姿勢を保てるようになった。

正しい姿勢ってのは、RIZAPみたいな胸を張る、かっこいいけど少し無理のある姿じゃなくて、あくまで自然体な感じ。

(ちなみに、受けたのはこのサービス。姿勢に悩んでいる人、でも治せないって人にガチでオススメっす。)

 

 

猫背が与える人への印象って、結構重要だと思っている。

たとえば、顔がどんなに良くても姿勢が悪い女性は少し残念だと思う。

逆に、顔がそれほど美しくなくても姿勢が良い女性は、体のラインが本当に美しいと思う。

男性についても同様で、姿勢が良い男性は男前に見えるし、仕事ができそうだと思う。顔なんて、割とどうでもいい。

 

 

猫背というビジュアルは、その人がどんなにすごい人であれ、その凄みを打ち消してしまうくらいの情報を相手の脳に与えると思う。

第一印象が、『自信無さそう』『頼りない』となってしまうことからくる不利益は、かなり大きいんじゃないか。

 

 

この文章を見て、「姿勢を直して上手くいくなんて、世間を甘く見てる。人生はそんなに上手くいかない」という感想をお持ちの方も多いだろう。

たしかに、この仮説はセンダという弱冠21歳の戯言に過ぎないし、まったく根拠のあるものではない。

 

 

でも、第一印象の改善なんて、やるに越したことは無いのではないだろうか。そう思うのだ。

 

 

『顔』のために、化粧品やコスメにお金をかける。

『身だしなみ』のために、服や日用品にお金をかける。

そして最後は、就職祈願や恋愛祈願という『神頼み』でお金をかける。

だったら、『姿勢』のためにお金をかけるのもアリなんじゃない?って思った。

 

 

自分のビジュアルを変えれば、自分に対する周りの反応は変化する。

そしてきっと、自分の人生は豊かになるし、見える世界も変わると思う。

 

 

話は若干飛んでしまったけれど、この記事で言いたいことは、姿勢が悪い人って単純に格好悪くない?ってこと。

印象は良いに越したことはないんだから、常にビジュアル保ち、自然体でいること。

きっとこれは、あまり重要視されないけれど、人生がよりうまくいくために重要なことの1つだという気がした。

関連記事

  1. <考える>

    好きだったインディーズバンドが有名になるとなんか違うと感じる現象

    最近人と会っていく中で先日、「以前好きだったはあちゅう(ブロガー・…

  2. <考える>

    『どう生きるか』を、どう決めるか。

    21歳と半年になったある日のこと。いつも通りぼんやりと道を歩い…

  3. <時事ネタ>

    王室のめでたいニュースが流れた時の、全員がハッピーになる感は異常。

    1週間くらい前(4月23日)、イギリス王室のウィリアム王子&キャサリン…

  4. <当たり前>

    当たり前だけど、『バネがはねる音』って面白い。Apple社の『Boing』のセンス。

    どんな場面でも、どんなときでも、意識を持っていかれる、…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <そもそも>

    【そもそも】万引き、テンパる、トラウマの語源
  2. <いろいろ>

    ミートソースの飛び跳ねは、ディズニーランドである
  3. <時事ネタ>

    チョコレートをくれる蕎麦屋。『気持ちのこもったプレゼント』。
  4. <いろいろ>

    新しい就職支援サービス、『ジョーカツ』。上京したい地方学生は行くべし!
  5. <いろいろ>

    Google Chromeで『楽天グローバルエクスプレス』が表示される理由がよう…
PAGE TOP