パソコンやケータイのあるあるネタって、本当に面白い。

パソコンやケータイのあるあるネタって、本当に面白い。

考えごと

情報革命が起き、テクノロジーが急激に発達している。

 

それに影響され、ぼくたち現代人は、ケータイ(スマホ)やパソコンをよく利用するようになった。

パソコンは、会社でも学校でもプライベートでも必要不可欠。

ケータイは、外出時に「これさえあればなんとかなる」三種の神器、「カギ・サイフ・スマホ」の一角だ。

 

パソコン、ケータイは、どんなものよりも身近なものとなったと言える。

 

[s_ad]

 

でも、どんなに身近になったとはいえ、それらはあくまで機械にすぎない。

だから、人間のように融通は効かないし、ある問題に対して臨機応変に対応できないのは、当然のことである。

 

そして、動物で一番賢いとも言われる人間の頭の中では、このようなツッコミが生まれる。

 

「なんでそんなこともできないんだよ!」

 

この記事で何が言いたいかっていうと、

「身近」で「ツッコミを生む」特徴を持ち、共通認識を作りやすい、パソコンやケータイが作り出す、「あるあるネタ」が面白くないわけがない、ということだ。

 

 

一昔前のMicrosoftOfficeで、アシスタントキャラクターとして登場したカイルくん

WindowsXPや、それ以前のOSを使っていた人には、分かるキャラクターだと思う。

 

本来は、「パソコンの操作で分からないことがあれば、彼に聞いてね」というMicrosoftの親切心から生み出された、良心的なキャラクターの立ち位置にいるはずのカイルくん。

なのに、「お前を消す方法」というネタが拡散されているのが最高におもしろい。

 

 

「お前を消す方法」は、なぜこんなに面白いのかって言うと、やっぱりあるあるネタだからだと思う。

 

時に画面を移動し、ユーザーの快適な運用を妨げる。

また、いざ使い方を聞いてもいい答えは帰ってこない。

出来立てホヤホヤのポリゴン技術を使った、なんとも言えないその風貌。

 

こんな体たらくから生まれた、『カイルくんはものすごい邪魔な存在だ』と言う共通認識。

その共通認識に、元ネタをうまく使って「お前を消す方法」と、ど直球にツッコミを入れて殴り込みをかけているのだから、面白くないわけがない。

 

似たようなのにこんな伝説のキャラクターもいました。なつかしい。そして、ありがた迷惑。

 

ほかにも、例えばこれとか。

「この問題の解決策を確認しています」の画面から解決策が見つかったことがない問題。

 

 

 

他にも「Windows10勝手に更新問題」「Java update問題」「NumLockうざい問題」「プリインストールアプリ消せない問題」など、パソコンやスマホを取り巻く環境は常に問題だらけだ。

その時はムカつくことはあるけれど、後になってその話題になると、ちょっと面白いものばかり。

 

 

でも機械がエラーを起こさなかったら、作業効率は上がる。

 

でも、それはそれで怖く感じる気もするのは、ぼくだけだろうか。

機械は、これくらい融通が利かないほうがいいのかもしれないね。