当たり前だけど、写真って四角いよね。

当たり前だけど、写真って四角いよね。

考えごと

2年前くらいに私にとっての(ミラーレス)一眼レフカメラ初号機、

OLYMPUSのPEN E-PL6を買ってから、カメラで写真を撮ることが趣味。

 

『人』と『食べ物』を撮るのが好き。

Instagramもよくやってるので、良かったら見にきてください。

 

 

それはさておき。

さて、これはなんでしょう?

 

image

 

答えは『汚い机の上においた、カントリーマアム』

素人なので細かいテクニックはよく分からないけれど、個人的に気に入っている写真。

 

自然光とか諸々の条件が良かったのかもしれないけれど、

ただのカントリーマアムを、ただの素人が、たったの40,000円のカメラを使ってこれくらいのクオリティで撮れる時代。すごい。

こういうところでも、ぼくたちはテクノロジーの進歩の恩恵を受けているのだなと思う。

 

 

ぼく達の世代は、写真が身近にある環境で育ってきた。

 

フィルム写真・ガラケー時代から

デジカメ・スマホ時代・・・

こんな、写真が爆発的に普及した時代に育ってきた。

 

言ってしまえば、デジタルネイティブならぬ『フォトネイティブ』。

写真がこのように爆発的に普及しているのは、人類の歴史から見てもかなり異質な時代なのではないかと思う。

 

[s_ad]

 

そういえば、写真って四角いよね

先月くらいに、グーグル画像検索を眺めながら、ふと思ったこと。

「なんで写真は長方形なのだろう」

普通に生活していれば、素通りしてしまいそうな、『何気ない』疑問だった。

 

 

だって、カメラのレンズは丸い

光を取り込んでいる媒体が丸いのだから、丸い写真があったって不思議には思わないはずなのに。

 

image
レンズは、丸い

 

当たり前だけど、写真って四角いよね。なかなか閃かないであろう質問。

でも、『なかなか閃かない』、それが理由である気がした。

 

つまり、

  • 平然と受け入れられる。
  • 当然「そういうものだ」と思われる。

それが、『写真が長方形である』理由ではないだろうか。

 

というのも、写真はあくまで被写体(コンテンツ)が主役。

例えば、風景撮影だったら自然や建物だし、テーブルフォトだったら雑貨や食べ物だし、ポートレートやスナップだったら人物が中心だ。

 

 

だから、その『枠』が作品を邪魔してはならない。

『枠』は、存在感を消していなくてはいけない。

動画、ディスプレイにおいてもそうだけど、主役は、あくまで『コンテンツ』。

 

 

では、その『枠』がもっとも存在感を見せないためにはどうすれば良いだろうか、と考えると、四角形である理由が見えてくる。

 

『長方形』。

これは、4つの角がすべて等しい四角形。つまり、直線と直角で構成されている図形である。

『直線』は、もっとも汚れのない、シンプルで素直な線だと思うし、

『直角』は、水平線を二等分することによってできる、もっとも他を邪魔しない角度だと思う。

 

それによって出来上がるのは、二組の水平線。

=(イコール)の記号の起源で聞いたことがある。

「長さの等しい平行線ほど、等しいものはない。」
— ロバート・レコード「whetstone of witte」(1557年)

 

長さの等しい平行線の飾り気のなさ、完全無欠な形こそが『長方形』なのではないか。

 

 

本当の『写真が四角形である理由』は、写真を裁断を容易にするためとか、センサーの製造工程の問題とか、そういうのが俗説とされているようだけれど。

 

 

さらに深掘りすると、「なぜ正方形ではなく、長方形なのか」とかそういう疑問が浮かぶ。

それはきっと、正方形の画角は作品を単調にしてしまうからだと思っている。

 

つまり、

  • 飾り気が無く美しい、主役を邪魔しない形だから。
  • 正方形よりも表現の幅が広がるから。

という結論に至った。

 

 

・・・あの流行語大賞を取ったSNSは、画像の表示に正方形を採用しているけれど、これにもきっと理由がある。

 

画像を正方形で表示し、視覚的な情報をできるだけ削ぎ落とすことによって、使い手が『気軽に眺められること』を可能にしたのではないか。

 

SNSは、使い手に負荷がかからない方が流行しやすい。Twitterだって140字の文字投稿だし、Facebookも気軽に友人と交流ができる点で優れている。

Instagramも表示を長方形にしていたら、今ほどの勢いはなかったかもしれない。

そう考えると、ちょっと面白い。