<良いもの>

snow peakの帽子がかなり良い。頭が大きい・絶壁頭にオススメのキャップ、UG-225。

このブログでは、『本当にいいと思ったもの』を紹介している。

今回は、snow peakというブランドのメンズコットンキャップのレビュー。

 

忙しい朝、時短に便利な帽子が欲しかった

まずこのキャップを買った経緯について。

約3ヶ月間の語学留学に行くことになり、忙しい朝に、少しでも時短がしたいと思い、使いやすい帽子が欲しくなったのがきっかけだ。

 

帽子にもキャップ、ベレー帽、ハンチング、ニット帽などたくさんの種類があるが、『手持ちの帽子』や『使いやすさ』を考慮した結果、『黒色のキャップ』を探すことになった。

 

ぼくが今回、キャップを買う際に、気をつけたことは以下の通りだ。

 

『シンプル』であること。

 

もちろん留学には、『荷物の制約』がある。つまり、持っていける服にも限りがあるということ。

限られた服の中からコーディネートを組んでいくには、デザインが突飛なものでは無く『無難な』帽子が必要だという結論に至った。

また、最近の自分のファッションの志向が『シンプル』であることもあり、ロゴがない、もしくはロゴが目立たない『シンプル』なものを探すことになった。

 

『サイズが合っている』こと。

 

この条件が、探す上で意外と曲者だった。

 

まず、ぼくの頭は、すごく大きい。日本人らしく『横長』で、さらにいわゆる『絶壁』に近い頭の形をしている。

(小学校低学年の頃から、頭が大きすぎて大人用の帽子をかぶっていたというから驚きである。)

だから、普通の『男女共用』のキャップでは頭が入らないことも多い。

 

これはキャップを探す上で、大きな制約だった。

何しろ、最近流行りの『ローキャップ』(=帽子の高さが低いキャップ、つまり浅いキャップ)が頭にうまくフィットしないことが多い。

浅いキャップの何が嫌って、絶壁頭のぼくがかぶると、風が吹いた時にすぐに飛場されてしまうことだ。だから、ローキャップの代表格とも言えるNEWHATTANのようなキャップは大嫌いである。

 

この『シンプル』で『サイズが合う帽子』が意外と見つからない。

 

国内最大手のECサイト、ZOZOTOWNで調べたいところだが、そもそもECサイトは試着ができない。今までECサイトで帽子を買って失敗したことが多く、今回も危険が伴うためやめておいた。

 

そこで『シンプル』コーデの頼みの綱、ユニクロ・無印良品を調べた。

 

しかし、まずユニクロにはサイズ・デザインがいい感じの商品があったけれど、『黒』というカラーラインナップがなかった。(ギンガムチェックシャツとか、ユニクロって変なところで黒を避ける傾向があるよね。)

無印良品にはメンズ用のキャップが無く、サイズが全く合わなかったため却下。

 

ECサイトもダメ、ユニクロと無印もダメ、その他の大手セレクトショップもダメ・・・

半ば諦めかけていたとき、たまたま大名古屋ビルヂングのショップで出くわしたのが、このsnow peakのキャップだったのだ。

 

snow peakの帽子のいいところ

スノーピークは、厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドアブランド。

https://www.snowpeak.co.jp/

 

ロゴがシンプル・かつアシンメトリーなところがなんとなく好き。

一応アウトドアブランドだから、商品の耐久性にも一定の期待が見込めるってのが個人的な感想。

 

そんなスノーピークの『メンズコットンキャップ・ブラック』はこちらである。

 

 

肝心のサイズは、頭部を後ろまですっぽり覆ってくれる感じ。要は、結構深めだ。(ココが購入の大きな決め手。)

 

そしてコーディネートを邪魔しない、ロゴ主張の『さりげなさ』と、なんとも言えない高級感に惹かれた。

 

値段も割とリーズナブルで、3,000円ほどだ

ユニクロのキャップでも2,000円ほどだから、大して高い金額ではない。

 

 

でもこれだけの特徴だったら、ぼくはブログで紹介しない。いいところがもう1つある。

それは、サイズ調整ベルトがマジックテープタイプであることだ。

 

というのも、キャップのサイズ調節部分によくあるのは、

アメリカンホックタイプベルト・バックルタイプ

でもこの部分がマジックテープである利点は、

・アメリカンホックタイプよりサイズ調節が柔軟に、気軽にできる点と、

・ベルトタイプより手軽に、カバンなどに取り付けることができる点。

 

この両立ができるところが、本当に素晴らしい。

海外などで帽子の着脱が激しくなることなどを考えると、マジックテープタイプであるメリットは結構大きいと思っている。

 

snow peakの帽子のイマイチなところ

気になっている点は1つ。

帽子の表面に、ホコリがつきやすいことだ。(そして黒色だから、割とそれが目立ちやすい。)

適当に部屋に置いておくと埃がついてしまう

 

コットンという繊維の仕様上、それは仕方のないことといえばそうなのだが・・・

この点についてはこまめに手入れをするなど、ある程度注意して使う、もしくはホコリが目立つものと割り切って使う必要があると感じている。

 

久しぶりに良い帽子に巡り会えた気がする。

カラーラインナップもブラック・ブラウン・ベージュというカラー展開になっていて、バリエーション豊富だ。

実店舗で見た感じ、どれも良い感じの色だったし、どの色も欲しいと感じさせる色味であった。

 

デザイン的にもアウトドアだけでなくタウンユースでも使える、本当な素敵な帽子を手にすることができたと思っている。

 

「シンプルなキャップが欲しい」という人、

もしくは、ぼくみたいに「頭が大きくて、サイズが合うキャップが無くて困っている」という人にオススメします。

 

関連記事

  1. <いろいろ>

    旅革命研修の30期に参加!どんな人に向いている?写真を交え、ご紹介。

    先日、株式会社ビラスタートの『旅革命研修』に参加しました。…

  2. <良いもの>

    ネットフリックスで英語学習できる『Netflix 同時字幕で英語学習』が素晴らしい!

    留学から帰ってきて以来、英語の勉強を結構放置してしまっていた…

  3. <良いもの>

    謎のブランド、afectaのリュックが高コスパで、割と良いから紹介する。

    今回は少し趣向を変えて、いい商品のレビューをしたいと思う。afecta…

  4. <良いもの>

    USB-C使おうぜ!iPhoneとMacBook Proの充電構成はコレ。

    いい意味でも悪い意味でも『スマホ依存』になった現代において、『スマホの…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <時事ネタ>

    王室のめでたいニュースが流れた時の、全員がハッピーになる感は異常。
  2. <時事ネタ>

    男だから振袖についてはよく分からないけど、HARENOHIについて。
  3. <時事ネタ>

    チョコレートをくれる蕎麦屋。『気持ちのこもったプレゼント』。
  4. <TED Talks>

    【TEDトーク】エイミー・カディ:ボディランゲージが人を作る
  5. <当たり前>

    当たり前だけど、プレゼントをもらうと嬉しい。なぜ、プレゼントをあげるの?贈り物の…
PAGE TOP