往復交通費$66!花の都・ビクトリアに日帰り旅してきたよ。

往復交通費$66!花の都・ビクトリアに日帰り旅してきたよ。

体験談

8月4日に、バンクーバー島のビクトリアに観光に行ってきた。

今回も素晴らしい景色ばかりだったので、観光のポイントを抑えつつ、写真を中心に記事にしたいと思う。

日本人の誰かの、参考になったら幸いである。

[s_ad]

ビクトリアとは?

 

カナダの太平洋沖に浮かぶ、バンクーバー島の南端に位置する街である。

春から夏にかけ、街全体が花にあふれ美しい景観が見られるのが魅力な、人気の観光都市。

1849年にイギリスの植民地となり、1871年にカナダ自治領に加入するまでイギリス直轄領の州都だった影響から、ガーデニングやアフタヌーンティーなどの英国文化が色濃く残っている。

 

ちなみに実はこのビクトリア、BC州(ブリティッシュコロンビア州)の州都(州の政治上の中心都市)とされている。(ダウンタウン周辺ではないのが意外。)

(出展:Wikipedia、タビトモ)

 

スケジュールと、実際の様子

 

5:50 Bridgeport Stationに集合
5:59 Bridgeport Stationからバス(620番)に乗車
6:32 Tsawwassen Terminal(フェリーの港)
7:00 BC Ferry乗車

 

フェリーの中は快適。多くの座席のほか、土産物屋や軽食が食べられる売店なども。
BCフェリーからの眺め。風も気持ちいいし、最高です。
さあ、フェリーから出たらビクトリアへの旅が始まります。

 

8:35 Swartz Bay到着
8:50 バス乗車、Butchart Gardensへ
9:45 Butchart Gardens散策

 

ブッチャートガーデンの入口。9時くらいでも混んでいる。中国人多め。
花と草木のコントラストが美しい。
一方で、こんな通路もある。センスがある。
日本庭園入口の鳥居。奥は欧米系の庭で、その組み合わせに趣を感じた
京都で定番の『アレ』も真似してあるのが面白い。
イタリア庭園。花を大切にする文化は日本も見習うべきだと思う。
カナダで有名なアイツも登場。



11:30 タクシー乗車
12:30 Fort Rodd Hill and Fisgard Lighthouseに到着

 

Fort Rodd Hillは、少し外れにある国立の史跡。灯台・大砲などが見られる。
見所は灯台だけではない。海軍が利用していた、その名残を楽しめる。
フィスガード灯台。海と空という青のバックに、赤色がうまく映える。
建物内は歴史資料が展示。オシャレ。
建物からの眺めも最高。

 

14:00 タクシー乗車
15:00 Fisherman’s Wharf Parkで昼食

 

ダウンタウンで、遅めの腹ごしらえ。Barb’s Fish and Chips。$10.95
名物のフィッシュ&チップスは普通に美味しい。悪く言えば平凡。

 

16:00 ダウンタウン内を散策(Inner Harbor)

 

ダウンタウン近くを散策。街並みがいちいち綺麗で、思わずシャッターを切る。
ここが有名なインナー・ハーバー。大道芸人などもいて、のどかな雰囲気。
ビクトリアのシンボル・BC州の議事堂。威厳ある石造建築。
インナー・ハーバー × BC州議事堂。
各所でパブリックマーケットが開催。時間が遅すぎて人がいない。
チャイナタウン内・Kid Sister Ice Creamのアイスは絶品。$5
アイス屋近くの路地裏が、なんかエモかった

 

18:30 ダウンタウン内からバス乗車
19:45 Swartz Bay到着
20:00 フェリー乗車
21:35 Tsawwassen Terminal到着
22:40 バス乗車→帰宅

 

お疲れ様でした。

 

[s_ad]

 

ビクトリア観光はどう計画するべきか。

 

ここからは、実際の観光のポイントなどについての記載になります。

 

<計画した際に重視したこと>

 

  ・Butchart Gardens(ブッチャートガーデン)に必ず行く
  ・Fort Rodd Hill and Fisgard Lighthouse(ライトハウス)に必ず行く
  ・お金を極力かけない

 

まずお金をかけないために、『日帰り』を選択した。ホテル代を含めるとどうしても高くついてしまうからである。

日帰りで行くデメリットは、当然ながら『時間が足りなくなる』ということ。なので、フェリーは実質の始発と終発を使うことにし、時間を確保した。

また、お金をかけないために交通手段を自分で確保することにした。

 

というのも、そもそもバンクーバーからビクトリアへの交通手段は大きく分けて4つ。

 ①車
 ②直通バス 
 ③公共交通機関(市バスとフェリーを自分で準備する)
 ④飛行機(水上飛行機)

車は免許証がない、飛行機は高額すぎるということで選択肢から外れる。すると、残りは直通バスと公共交通機関ということになる。

 

直通バスはそこまで高額ではなくラクだから魅力的な手段ではあるのだが、時間の融通が利かない、ライトハウスに行くツアーがなかなかない、そして面白くない・・・ということで③の公共交通機関を選んだ。

 

<かかった費用、今回の旅の所感>

 

最後に、かかった費用について。

<交通費>(バス、フェリー、DayPass、タクシー。タクシーは5人で利用)
=($2.30+$17.20)×2+$5.00+$22.00
=$66

 

例えば直通バスのBC ferries connector往復約$100なので、この旅は比較するとかなり安く済んだと言える。

 

でも正直なところ、日帰りではなく2日間かけて周ってもいいかな、という感じがした。

というのも、ネックだったのが移動時間の長さと大変さである。

気合いを入れて4時半とかに起床しても、ビクトリアに自力で行くのにはスカイトレイン、バス、フェリー、バスと様々な乗り換えが必要である。結局、観光を開始できたのは午前10時前のことであった。

正直自分は普段観光で疲れを感じることは少ない、体力がある方の人間なのだが、この旅は寝不足・気ぜわしさでかなり疲れた。

 

なので今回のような特殊な事情がない限り、観光客の人には『直通バス』の利用、もしくは『泊まりの旅行』をオススメする。

 

[s_ad]

 

ビクトリアは観光地として、それくらいのボリュームを持つ。

『花の都』の名前がいうとおり、景観も素晴らしいものであった。

バンクーバーに行く機会があれば、必見の観光地と言っても良い。ぜひ、美しいこの街を訪れてみて欲しい。