<良いもの>

USB-C使おうぜ!iPhoneとMacBook Proの充電構成はコレ。

いい意味でも悪い意味でも『スマホ依存』になった現代において、『スマホの充電』という行為は今や日課の1つと言えるのではないでしょうか。

今回の記事は、この『日課』を効率化するため、『MacBookユーザーはUSB-A使うのやめて、USB-C使おうぜ!』っていう記事です。

MacBook・iPhoneユーザーなら参考になる記事だと思います。

自分のひと昔前、充電構成はこうだった

今まで自分が持ち運んでいた周辺機器は、以下の通り。

  • ★iPhone
  • モバイルバッテリー(cheero Power Plus 3 mini 5200mAh CHE-071)
  • microUSB ケーブル
  • Apple Lightning – USB-Aケーブル
  • AUKEY 2ポートUSB(ACアダプタ)PA-U32-W

 

しばらく(2年以上)この構成で生活をしていました。正直、この構成でも基本的には何の不満もありません。

 

しかし先日、携帯性を良くするために15.6インチのWindows PCをクビにして、新しくMacBook Pro(2017モデル)を購入しました。

 

「MacBookは携帯するため、出先でも充電したい。」
そうなると、ここに以下の2品も加わることになリます。

  • 61W USB-C電源アダプタ
  • USB-C充電ケーブル(2 m)

 

正直、合計6つを持ち歩く構成でも悪くはなかったのですが、『やっぱりもっとシンプルにしたい!』と思ったのです。

並べてみると意外としんどい。

 

改善点としては、『iPhoneとMacBookの充電機器が、完全に別々になってしまっている』ことでした。

 

と言うのも、iPhoneの充電ではUSB-A端子とLightning端子を使いますが、MacBookはUSB-C端子のみを使います。

せっかくほぼ毎日使うものだし、充電構成が少し古くなってきていたので、充電構成を一新し、USB-A端子を使うことをやめてしまおうと思った、というわけです。

 

新しく購入したもの

一新したと言っても、購入したものはたったの2つです。

 

RAVPower 10000mAh RP-PB077

 

 

これは、スマホ周辺機器のメーカーRAVPowerの、USB-C対応モバイルバッテリーです。

『USB-C対応・安価・軽量』という条件を持つバッテリーはこれ以外見られなかったので、このバッテリーを選びました。

(同じくRAVPowerが20100Ahのバッテリーを出していますが、今回は携帯性も重視したいのでこれにしました。)

この商品の使用感ですが、正直「文句なし」です。

このモバイルバッテリーの何が優れているかというと

  • USB-Cでの給電が可能(=急速蓄電が可能)
  • USB-A端子・MicroUSB端子も持つので様々な場面に対応できる
  • iPhone8が3回以上充電できる容量
  • 軽量(139g)薄型(18mm)
  • マットで傷のつきにくい、シンプルなデザイン
  • 安い(2,000〜3,000円前後)

これで3,000円しない(当時)ってのは衝撃的だったので、正直「早く購入しておけばよかった」と後悔するレベルでした。

(残念ながらiPhoneはQuickCharge3.0に対応していないので、QCでの急速充電はできません。ですが、それでも十分な充電スピードです。)

使い始めて5ヶ月くらいになりますが、なんの不満点もありません。USB-Cを使わない人にもオススメです。

 

Apple USB-C Lightningケーブル(1m)

こちらはAppleの純正品(純正品でなくても、Aukeyなどを信頼していれば非純正でもいいと思います)。

https://www.apple.com/

 

新品で購入すると、税抜きで2,200円程度。

 

この商品のメリットは

・USB-C電源アダプタと一緒に充電を行うことで、iPhoneの『高速充電』が可能Apple公式より)
・MacBookと有線で直接繋げて、充電やデータ転送が可能(ミラーリング(AirPlay)・iTunesバックアップも可能)

 

80WのUSB-C電源アダプタと組み合わせることで、iPhone8を30分で50%という速度で充電できるのは大分助かる。ちょっとした移動中とかに充電できますからね。

 

 

この2つをパーティに入れて、USB-A関連の持ち運びをやめたらあら不思議、

たったの4つを持ち運ぶだけでiPhoneとMacBookが急速充電できてしまう、素敵な充電構成の完成です。

 

この充電構成のデメリット

 

目立つようなデメリットはほとんどありません。

しかし敢えて包み隠さず、絞り出してみようと思います。

 

・MicroUSB端子を持つ機器の充電ができない
例えば一部機種のカメラ、GoPro、Kindle、Android端末などの充電には対応していない。
<対策> 必要な際はMicroUSBケーブルを持つ。(モバイルバッテリーがUSB-A端子を持つので、ケーブルさえあれば充電可能)

 

・複数機器同時充電ができない
USB-C電源アダプタにはポートが2つしかないので、例えばiPhoneを充電しながらモバイルバッテリーを充電する、なんてことはできない。
<対策> 同時に充電を切らさないようにする。(笑)

 

・USB-Aの充電スポットで充電ができない
つまり、空港や高速バスなどで見かける『充電スポットとしてUSB-A端子しか用意していないようなところ』では充電ができないということ。
<対策> モバイルバッテリーを常に使えるように充電しておく

 

・USB-A端子しか持たないPCと、有線接続ができない
皆のPCがUSB-Cに対応しているわけではないので、データを送受信するのに多少苦労することがある。
<対策> DropboxやGoogleDriveなどのクラウドを駆使する。

 

正直、どれも簡単に対応できるものばかりですね。

まとめ

この2つの商品(計5,000円程度)を購入するだけで、手持ちのiPhone・MacBookの充電周りが劇的にスッキリします。

さらに、USB-Cによる、スピーディーな充電による時間短縮も見込めます。

 

スマホ充電は毎日するものです。

これをいい機会に、現在の充電器の構成を見直してみるのも悪くないのではないでしょうか。

ぜひ、参考になれば幸いです。

関連記事

  1. <良いもの>

    ネットフリックスで英語学習できる『Netflix 同時字幕で英語学習』が素晴らしい!

    留学から帰ってきて以来、英語の勉強を結構放置してしまっていた…

  2. <良いもの>

    謎のブランド、afectaのリュックが高コスパで、割と良いから紹介する。

    今回は少し趣向を変えて、いい商品のレビューをしたいと思う。afecta…

  3. <良いもの>

    snow peakの帽子がかなり良い。頭が大きい・絶壁頭にオススメのキャップ、UG-225。

    このブログでは、『本当にいいと思ったもの』を紹介している。今回…

  4. <いろいろ>

    旅革命研修の30期に参加!どんな人に向いている?写真を交え、ご紹介。

    先日、株式会社ビラスタートの『旅革命研修』に参加しました。…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <いろいろ>

    大館 All Actors Projectが終わりました。
  2. <考える>

    人に迷惑をかけているのは、子どもじゃなくてその親なんじゃない?
  3. <考える>

    知らない間に、テレビが見られなくなっていた ——若者のテレビ離れの正体
  4. <良いもの>

    謎のブランド、afectaのリュックが高コスパで、割と良いから紹介する。
  5. <当たり前>

    当たり前だけど、「おつかれさまです」ほど、便利な挨拶はないよね。
PAGE TOP