<考える>

好きだったインディーズバンドが有名になるとなんか違うと感じる現象

最近人と会っていく中で先日、

「以前好きだったはあちゅう(ブロガー・作家)がインフルエンサーになった結果、自分の好きだった彼女ではなくなった」

という人がいた。

 

この「大衆化によりコンテンツが平凡化し、マイナスの感情を持ってしまう現象」が結構面白い。

(「平凡化」と「陳腐化」で迷ったんだけど、「陳腐化」を使うとと廃れる、つまり無価値になっていくみたいなニュアンスになり、それは違う気がした。
大衆的には価値が下がっていないから、無価値になっているわけではないよね)

 

その典型的なものとしては、例えば「〇〇も変わっちまったな」「昔の〇〇の方が良かった」とか言う言葉ではなかろうか。

 

 

例えば、人気アーティストのRADWIMPSは映画『君の名は。』で大衆化され、コアなファンが減ってしまったと聞く。

10年前は『オタクの聖地』だった秋葉原も現在はメディアに取り上げられて観光地化され、本来のコミュ障気味な傾向のある旧来のオタクはあまり来なくなったという話も聞く。(この記事とか面白い)

ユニバーサルスタジオジャパンも、2011年頃以来のテコ入れで『ハリウッド映画専門施設』から方針を転換し、一部のファンは悲しんでいるらしい。

 

「人と違うものがいい」天邪鬼の自分にも起きやすい気持ちだから、この負の感情は非常によく分かるのだが、

そもそもなぜ、この負の感情が起こってしまうのだろう。

 

独占欲?

 

「自分(たち)だけのものにしたい」という独占欲から来るのだろうか。

不人気時代から知っているコンテンツに対し、「自分しか知っていない」「私たちだけのもの」といったような所有欲・独占欲を持ってしまいがちなのは否定できない。コンテンツに対し、変な親心みたいなものが芽生えてしまうのだ。

そのコンテンツが有名になり、人気になってしまうことに、あたかも「自分の手元を離れてしまう」みたいな寂しさを感じることがある。

 

また独占欲に関連したことだが、人間は意外と狭いコミュニティを求めているのだろう。

排他的で閉塞感のあるところが、意外と居心地がいいことはよくある話。(女子がよく言う「〇〇メン」ってのはその典型例。)

価値観の合う仲間で、少人数でいた方が楽しい時も多いしね。

大衆化してしまうと、そうはいかない。

 

懐古?

それとも、単に「昔はよかった」という懐古からくるものなのか。

人は誰だって、戻るはずもない過去を美化してしまいがちである。

自分の青春時代や浮ついていたバブルの時代、強かった頃の中日ドラゴンズを思い出しては、「あの頃は良かった」と思い返すものである。

 

 

 

最近1980年代が舞台の「今日から俺は!!」が流行っているけど、その原因の1つは間違いなく50〜60代の人がする、『懐古』。

 

大衆化とか以前に、現状と昔を比較し、マイナスの感情を持っているのかもしれない。

 

でもやっぱり、その本質が変わっているのだろうな

でも結局一番は独占欲とか懐古とかではなく、大衆向けになり多様な人に受け入れられるコンテンツになった結果、もともとの本質が変わってしまうことなのだろう。

人気が出て大衆化してしまうと世間の眼に晒される機会が多くなるため、多数派に迎合してしまったり、叩かれたりして、コンテンツそのものが無難になってしまいがち。

(俗に言う「丸くなる」ってやつ。)

 

今はSNSの時代だから、情報の伝播が速く、大衆化も速い。

別にこれが悪いことだとは言わないんだけど、多様性が生まれにくくなっているのはこう言う背景があるんだろうな。

最近の人は綺麗なものを求めすぎってよく言われるけど、大衆化をしてしまうと面白くなくなる、と言う気持ちはすごく理解できる。

もっと人間臭さと言うか、汚いところがあっても全然いい。改めてそう感じさせられました。

 

(という大衆化された感想で閉めたいと思います。)

 

 

それにしても、この「大衆化によりコンテンツが平凡化し、マイナスの感情を持ってしまう現象」に名前があってもいいのに。と思いました。

もし名前をご存知でしたら、センダまで教えてください。

関連記事

  1. <考える>

    逆に、デザインの『ダサさ』が目立つ時代になりました。

    こんな、とても共感できる記事を発見した。&…

  2. <当たり前>

    当たり前だけど、姿勢の悪い人って格好悪いよね。

    『人は見た目じゃない、中身だ!』&nbsp…

  3. <当たり前>

    当たり前だけど、ファッションモデルってみんな格好いいよね。

    『ファッションモデルは、みんな格好いい。』…

  4. <考える>

    瀬戸弘司というYouTuberが本当に好き。

    テクノロジーの進化によってできた革命的な職業の1つ、YouTuber。…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <時事ネタ>

    男だから振袖についてはよく分からないけど、HARENOHIについて。
  2. <いろいろ>

    【短気】TumblrからWordPressに移行しました。【本気】
  3. <いろいろ>

    『傘のパクり合い』が、いちばん身近な『恩送り』の対義語なんじゃないか。
  4. <良いもの>

    USB-C使おうぜ!iPhoneとMacBook Proの充電構成はコレ。
  5. <時事ネタ>

    令和はラグビーの時代かも。実際に観戦して感じた、日本の文化に根付きそうな根拠4つ…
PAGE TOP