さようなら、2018年。

さようなら、2018年。

早いもので、今年ももう終わり。

6月から休学して自由の身だった今年度。
本当にあっという間な1年間でした。(勘弁してください。)

バンクーバー留学は色々な意味で『冒険』だった

最近意識しているのは、アンテナが向く先に一生懸命取り組むこと。

全体を俯瞰して線で見てみると、結局全てはつながっている。
だから、今やっていることも最後まで疎かにしないようにしなければならないなと思います。

Spreading love Episode of NANZAN

活動していく中で身の回りの環境も、付き合う人も、だいぶ変わった。

彼らは自分にとって勉強になるし、一緒にいてとても心地よいです。

(でもこれは狭い世界の話だろうし、もっと色々なフィールドを探していきたいとも思います。)

「仲間」って言葉はなんか違う

目先の『評価』に気をとられがちな時代。

だけど、そんな中でうわべじゃなくて実力も伴う、発するものと中身が一致する人でありたい。

そのために『摂取』するもの—食べ物や知識の質を大事にしていきたい。

結局、時代が変わっても基礎の基礎さえしっかりしていれば対応できる。

時代が先へ先へ行くほど、逆にある『基礎』が大事になってくると思ってます。

心の健康を保ちつつ、身体を大事にするバランス感を養う

【自分の中の基準を上げる】ことを怠らず、

【世の中に自分なりの価値提供をする】

ことができるよう、精進します。

Photo by Yudai Sengoku

今年もお世話になりました。
2019年もよろしくお願いいたします!

(ブログもまだまだ頑張ります)