<いろいろ>

秋田県大館市に来ています。

タイトルの通り、1週間弱、秋田県の大館市というところに滞在しています。

自分が大館市に来るのは2回目です。

去年の10月に南山大学の公式イベントとしてSpreading loveを開催した際、お世話になりました。

(Spreading loveは道ゆく人に一輪の花を渡す、人のつながりについて問題提起したアートプロジェクトです。詳しくはこの記事をご覧ください)

将来田舎に住みたい願望がある自分。大館市のなんとも言えない、空気が綺麗で、静かで、時間の流れがゆっくりなところがとても魅力的でした。

今回もそれを存分に味わっております。(寒いけど)

さて今回の滞在の目的は、『大館市民ミュージカル All actors project』というミュージカルの撮影をすることです。

 ▷大館市民の手でミュージカルを 来年1月上演へ始動(北鹿新聞)

このミュージカルはSpreading loveの参加者のつながりから生まれたもので、友達が主催しています。

名前は鈴木ゆりな宮部僚太郎って言うんだけど、彼らは本当にアツいやつで。

・大館を子ども達が好きになるきっかけを作ること。

・大館という地方地域の活性化。

これが彼女たちのビジョンです。

そして彼らの原動力は、『大館で、ミュージカルをやりたい』という気持ち

それだけ。

大館出身というわけではないけれど、大館の暖かさに感化されて、彼女たちはそのビジョンの達成のためにおよそ2ヶ月間、寝る間も惜しんで走り続けて来ました。

動きまくって、人をどんどん巻き込んだ結果、

  • 大きな結婚式場
  • プロの舞台監督の監督・指導
  • プロの合奏団の生演奏
  • プロのプロジェクションマッピング投影

とともに、大規模なミュージカルを実施できることになったのです。

しかも、観客・参加者にかかる費用はゼロで。

『時間はあるけど、お金がない』子どもたちにとって、一番のネックはお金。

『興味はあるけど、お金を払うほどではない』くらいの熱をもった観客にとっても、観る一番のネックはお金。

自分たちが奔走することで、そんな『お金』の問題を解決し、色々な人に触れていただけるミュージカル。

無償の愛のような、2人・色々な人の想いがこもったミュージカル。

東京・愛知などからも素敵な人たちが集まる中、なんと自分も映像製作という形で関われることになりました。

実際大館に来て4日間くらいになりますが、高校生以下を中心にした子どもたちも、手伝いに来た大学生たちも、お手伝いをしてくださる大人の方たちも、ホントに情熱にあふれていて、いい人ばかりで。

死ねるレベルです。

ヤバい舞台になると、確信しています。

ひとりでも多くの人の心を動かしたり、気付きを与え、その人の人生をも変えられる、そんなパワーがあるんじゃないかって思っています。

特に子どもたち。こんなミュージカル経験できていたら、自分の人生も変わっていただろうなあ。

そんな『大館市民ミュージカル All actors project』 は、1月13日の15時に開演です。

終わってほしくないなあ。

関連記事

  1. <いろいろ>

    ゲーム説明書の電子化から感じる、「何か」を失った感じ。

    ゲームの説明書について、思うことを書こうと思う。…

  2. <いろいろ>

    みんな長生きで、しあわせだなあ

    星野仙一さんの訃報。これは、20年余りのぼくの人生で、一番…

  3. <いろいろ>

    日本の王道ボードゲームをやる。

    とあるブログの、数独は抽象度の上げ下げの練習になる…

  4. <いろいろ>

    ネットで、つい見栄を張ってないですか。

    自分は最近、【ブログ】や【SNS】で自分の意見を発信することが少なくな…

  5. <いろいろ>

    往復交通費$66!花の都・ビクトリアに日帰り旅してきたよ。

    8月4日に、バンクーバー島のビクトリアに観光に行ってきた。…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <考える>

    好きだったインディーズバンドが有名になるとなんか違うと感じる現象
  2. <当たり前>

    当たり前だけど、『バネがはねる音』って面白い。Apple社の『Boing』のセン…
  3. <いろいろ>

    WordPressが難しすぎて禿げた話。サボテンが嫌いになりました。
  4. <そもそも>

    【そもそも】万引き、テンパる、トラウマの語源
  5. <時事ネタ>

    人生の節目『成人式』。不参加はもったいないと、陰キャが申し上げます。
PAGE TOP