<いろいろ>

現代は24時間の奪いあい?だったらとことん効率化! – Chrome拡張機能Video Speed controller

YouTube、Netflix、AmazonPrimeなどが発達。

動画広告も増え、何年前かと比べて格段に、

動画に触れる機会が多くなりました。

・動画視聴を、もっと効率よくしたい!

という願いを叶える、神・拡張機能をご紹介します。

Video Speed Controller

https://chrome.google.com/webstore/detail/video-speed-controller/nffaoalbilbmmfgbnbgppjihopabppdk?hl=ja

この機能のスゴイところは、

✅ネット上のほとんどの動画の速度を変更できる
✅速度が自由自在
✅キーボードショートカットが優秀
✅無料かつ、ミニマルなデザイン

百聞は一見にしかず。
無料なので入れてしまうのが一番早いとは思うのですが、
一応、順にご説明します。

✅ネット上のほとんどの動画の速度を変更できる

HTML5に対応したサイトであれば、
基本的に速度変更が可能。

なので、デフォルトで速度変更機能が用意されている
YouTube、NewsPicksだけでなく

Netflix、Amazon Prime、
そしてFacebookやTwitter、Instagramの
タイムラインに表示された動画も、

速度変更が可能なのです!

Twitterの場合もコントローラーが!

✅速度が自由自在

最大16倍速まで対応しており、
また、『×0.01』単位で速度変更が可能なので
場面に応じた使い分けが可能です。

YouTubeやNewsPicksのデフォルトでは、
最大2倍速なので、これは破格です。

(僕の場合は、
・エンタメ系動画→2.5倍速
・お仕事での動画の査収→4〜8倍速
・映画→1.5〜2倍速

で見たりしています。)

例えば2時間の映画を見る場合、
120分かかるはずのものが60分で見られるわけです。

(効率だけの観点で見れば)最強です。

✅キーボードショートカットが優秀

この拡張機能は、
基本的に左上にあるコントローラをクリック操作しますが

キーボードショートカットを用いて操作することもできます。

増減速や早送り巻き戻しはもちろんのことですが、
一番便利なのは『Preferred speed』機能。

速度を設定すれば、好みの速度に変えられます。

とても便利。

詳細設定画面では、増減速の単位、巻き戻し早送りの秒数、キーボードへの割り当てなどが設定できる

上の設定の場合は、

『S』キーを押すだけで1.8倍速にできるわけです。

早送りのコマンドを、8回押す必要なんてない。

これは便利です。

✅無料で導入できる+ミニマルなデザイン

これだけの機能がついて、なんと無料。

さらに、動画の視聴を邪魔しないミニマルでシンプルなデザイン。

当たり障りのなさが最高です。

時間は有限。

24時間という限りある資産を、

この拡張機能でどれだけの時間を節約できるか

と考えてみてください。

効率化と導入コストという観点では、

他に例を見ないくらい優れたものではないかと思います。

Video Speed Controller、ぜひお使いください。

Video Speed Controller
https://chrome.google.com/webstore/detail/video-speed-controller/nffaoalbilbmmfgbnbgppjihopabppdk?hl=ja

関連記事

  1. <いろいろ>

    価値ある写真とはなんなのでしょう

    先日ぼくは、なけなしの貯金をはたいて、ソニーのα7…

  2. <いろいろ>

    パソコンやケータイのあるあるネタって、本当に面白い。

    情報革命が起き、テクノロジーが急激に発達している。…

  3. <いろいろ>

    他人のimageで学んでほしい

    このブログは、ぼくの"image"だ。ブログタイトルが意味わか…

  4. <いろいろ>

    カナダのウィスラーに日帰り観光!たくさんの写真とともに振り返る。

    2018年6月23日の土曜日、カナダのWhistler(ウィスラーマウ…

  5. <いろいろ>

    「奥が深いね」って言葉は、浅い。

    「奥が深いね。」この言葉を一度は言ったこと、もしくは耳にしたことが…

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. <考える>

    『どう生きるか』を、どう決めるか。
  2. <いろいろ>

    みんな長生きで、しあわせだなあ
  3. <考える>

    特に秀でた能力がない以上、自分なんて本当にちっぽけな存在である。
  4. <考える>

    レトロブームは、技術の進歩の産物じゃないかという見解
  5. <いろいろ>

    懲りもせずにTumblrをまた始めました。
PAGE TOP