何にでも「大丈夫です」と回答する人が、どうも鼻につきます。

何にでも「大丈夫です」と回答する人が、どうも鼻につきます。

考えごと

周りを見渡すと、「大丈夫です」と言う人が、世の中にはたくさんいます。

『(上司の話の後などに)質問はありますか?』
→『大丈夫です。』

『(レジの会計の直後に)レシートご利用ですか?』
→『大丈夫です。』

『(次の会議は)明日の10時からでよろしいですか?』
→『大丈夫です。』

こういった具合です。

自分は以前より、この用法に強烈な違和感を覚えていました。

今回は世の中に蔓延る『大丈夫です』への違和感について掘り下げてみます。

言葉の意味が変わることは、別に気にしていない

まず最初に僕は、用法が変わっていくことには比較的寛容です。

『言葉の意味が変わる』というのは、

よく取り上げられるものとして、例えば『役不足』という言葉の用法があります。

本来の意味は『本来の能力より軽い仕事や役割を与えられること』ですが、

『本来の能力より重い(手に余る)仕事や役割を与えられること』という意味に変わってきています。

このように、

言葉というものは生き物であり、
時代の移り変わりによる慣用化によって、意味は変わっていくものです。

本来の意味や表記に捉われすぎず、両方を知識として蓄え、

『相手がどういう用法をしているか』について、
想像力をはたらかせることは大事だと思っています。

時々、鼻につきますけど。

『大丈夫です』は、『意味が変わった』一種と捉えることもできます。

デジタル大辞泉(小学館)では、

大丈夫を

あぶなげがなく安心できるさま。 / まちがいがなくて確かなさま。

と定義した上で、

近年、形容動詞の「大丈夫」を、必要または不要、可または不可、諾または否の意で相手に問いかける、あるいは答える用法が増えている。

と補説を入れています。

でも、『大丈夫です』は意味が変わった用法だから、使っても問題ない

という結論には至りませんでした。

どうも芯を食っていない感じがしたのです。

『大丈夫です』の、何がモヤモヤするのか

『大丈夫です』への違和感の正体は2つ。

ひとつは、コミュニケーションロスが起こること。
もうひとつは、自分の意思を持っていない感じがすることです。

意思は、表現しないと相手には伝わりません。
また、意思は人によって異なります。

なので、コミュニケーションの場において、
表現を怠ると、互いの認識に齟齬が起きます。当然のことです。

その齟齬が顕在化してきているといえるのが、レジ袋有料化後のコミュニケーションです。

スーパーなどでの会計において、

「レジ袋は有料ですがご利用でしょうか?」

という店員さんの問いかけに対して、お客さんが

『大丈夫です』

と答えたとします。

すると、店員さんは困ります。

なぜなら、店員さんは
『有料であることを許諾する』という『大丈夫』なのか、
『レジ袋が不要である』という『大丈夫』なのかが判断できないからです。

こういったコミュニケーションロスは、めちゃくちゃ面倒です。
意思表明を一言で言えば済む話なのに、手間が増えるし、お互い変な空気になる。

(良くも悪くも)ことを荒立てようとしない、
日本人っぽい表現が顕在化したものだなあと思いますが、

レジ袋の有無のように、

「はい」「いいえ」で答えられるクローズド・クエスチョンくらいは、

ちゃんと脳のフィルターを通して、言葉として意思表明する人が増えて欲しいなあと思っています。

もう一つが、自分の意思を持っていないと思われてしまうことです。

簡単な質問に『大丈夫です』と答えている人は、
側から見ると自分の意思を持っていないように見えます。

じゃあ白黒はっきりしろ、と二元論で申し上げているのではありません。
時には、オブラートに包んで表現をする立ち回りも求められるでしょう。

ただ、こういった端的な表現を求められる場でも、
婉曲的な表現をする人は、
自分の意思を持っていない人、という印象を持ってしまいます。

これはもったいないなあと思っています。

その場に応じた回答を、常に心がけたい。

『(上司の話の後などに)質問はありますか?』
→『いいえ、ありません』

『(レジの会計の直後に)レシートご利用ですか?』
→『結構です。』

『(次の会議は)明日の10時からでよろしいですか?』
→『はい、お願いします。』

大丈夫ですという不用意な、誰も得しないオブラートは不要です。

こいつ自分の意思持ってるの?と思われることを防ぐためにも、

これくらいは丸まらずに意思表明をした方が、

コミュニケーションロスも起こらず、気持ちよくやり取りできるのにな、

と、僕はいつも独り言を言っています。

2年くらい前に書いた、似たような記事はこちら。

僕は『了解です』という人も苦手です。

目下の人が使う、「了解です」問題。失礼だと受け取る必要はあるの?
  些細な事だけど、通説の『ビジネスマナー』において気になってること。 『 目上の人に対して「了解です」と言うのはマナー違反! 』 という謎のルール。 『「了解…
sendahiroyuki.com